新型コロナウイル禍中の診療体制の充実を・・・

新型コロナウイルス災禍の中、どこの医療機関でも、難しい診療体制のもと、大変苦労なさっていることと思います。 第一波が収束したのも束の間、現在では再び感染拡大傾向にあります。一波の際は、早急な体制準備等のため、一般診療がやや疎かになる傾向がありました。こうした経験から、引き続き感染対策に注力しながら、通常の診療体制確保にも努めてまいりました。 現在、外科系担当常勤医9名にて、手術や検査等に於いても、通常体制を徐々にとれるようになって参りました。皆様がお困りの外傷や、急性腹症など、特に消化器疾患の緊急治療、悪性腫瘍の手術、内視鏡的治療(ESD)、その他の検査等、お役に立てることが出来るかと存じます。何より私共は、コロナ禍で、「通常診療が遅れ重症化する患者様が出てしまう」という事態だけは避けたいと思っております。そのほか、腎疾患、循環器疾患、泌尿器疾患もスタッフが少しずつ充実してまいりましたので、それらについても通常診療を続けたいと思っております。  PCR検査につきましても、この度、茨城県と委託契約を締結いたしましたので、対応できる体制を整えております。更に10月から、感染症外来を専用テントにて行う準備を進めております。 感染の収束のめどが立たない今、ワクチンを待ち望むところですが、感染の長期化に備え診療体制の充実を図って参りたいと存じます。                             令和2年8月吉日 幕内 幹男

第5回山本・幕内S-TECセミナー 「合併症なきESDの技術の習得のために」

本年はすでに半年で20例以上の患者様に早期食道、胃癌のESDを施術し、それによって、7月からは大腸癌ESDの施設基準をとる事が出来ました。益々その需要は高まるものと思われます。 それに向かって今年も第5回山本・幕内S-TECセミナーを開催しました。参加者もスキルアップを目指し、今回のテーマである合併症なき技術の習得に、良いセミナーとなりました。 また同時に施術時間がかなり短縮するようになったことも、技術の向上が反映されているものと思われます。山本先生からもお褒めの言葉を頂きました。 しかしながら、ピロリ菌除菌陰性時代における胃癌の形態の変化を詳細に観察し正確な診断を付けなければなりません。 近隣の医療機関も含め多数の症例を紹介して頂く事もまた重要なことと思っております。 従って、Wet-Labを定期的に行うことによって更なる技術の向上を進めていきたいと考えております。  

参加者:山本頼正、幕内幹男、上道治、 山田宏輔、斎藤祥、渡辺健     

2020年8月吉日     幕内 幹男                     

第5回山本・幕内S-TECセミナー

近年の消化器内視鏡治療の目覚まし進歩によって食道・胃癌の治療の半分近くが内視鏡で治療されるようになっているのはご承知の通りと思われるが、当院では昨年は50%を超え、本年は今まで60%以上を占めるようになりました。 このことは、診断内視鏡の進歩、拡大内視鏡やNBIモードの画像の研究による早期癌の発見率の向上とともにESDによる確実な切除技術が進歩したためと思われます。 さらにこの診断及び治療を普遍的なものにするため多くの専門の先生方の育成に努めていく必要があります。エキスパートであります山本頼正先生を招聘し今回で5回目となりますセミナーを開催することとなりました。

私にとっては、この度のCOVID-19の問題や、電子カルテの導入によって体力的にも精神的にも余裕がなくブログを更新することも、ままならなかったことが残念ですが、また近況報告や学会発表、その他、皆様に提供できる情報を出来るだけアップしたいと思っております。

新年冒頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 昨年はメディカルケアタウン構想の一環として、 障がい者自立支援グループホーム「うきうきハウス」を開設いたしました。 本年も職員一同、より一層精進を重ね頑張って参りますので、どうぞ宜しくお願いします。 また皆様のご多幸を心より祈念申し上げます。 元号が令和になり最初の正月です。 今年は子年、十二支の始まり。 当院も20周年の節目を越え、 また新たなスタートに立ちました。 始まり尽くしの今年、小生の頭の中には 様々な思いが廻っています。 例えば病棟が変化すると・・・ 尽きぬ思いの一つでも形になって 繋がっていったらいいですね。 本年もどうぞ宜しくお願いします。 元旦

第55回石岡消化器疾患懇話会

令和元年8/2に第55回 石岡消化器疾患懇話かいが開催されました。当院より下記の2演題を発表いたしました。

『診断に難渋した稀な胆道癌の手術例』

  演者 幕内 幹男

『内視鏡的経胃ドレナージ-FNA- 奏効した腹腔内膿瘍』

  演者 上道 治

山王祭 8月4日(日)開催

夏祭り、今年も頑張ります!皆様のお越しをお待ちしております。

日時:令和元年8月4日(日)午後5時30分~午後7時30分                  会場:あいあい駐車場    (雨天時 あいあい1階フロアー)           

うきうきハウス開設

この度、令和元年7月1日、新たに、知的・身体・精神障がい者の方々のグループホームとして、障がい者協同生活援助事業「うきうきハウス」をオープン致しました。 前日の6月30日の竣工式には、多くの方々に御列席頂き、盛会に執り行う事が出来ましたことを心より御礼申し上げます。  この障がい者施設の設立は、自閉症の長男をもつ親である私個人にとっても非常に感慨深い思いであります。 13年前になりますが、養護学校卒業後の日中支援の必要性から、親としての責任として、生活をサポートし、可能な限り、社会のとの繋がりを持ち続け、 また潜在的な能力を何かに活かしてもらいたい心情から、~障がい者・人間・生活・労働社会参加サポートセンター~ 「うきうきマイスター」を設立しました。 うきうきマイスターで支援している障がい者は、知的、精神障がい者がほとんどであり、身体障がいのみと比較すると、そのバリエーションは甚だ多岐にわたっており、病態すら解明されてないのが現状です。そのため、その治療やケアーは大変困難で、本当の意味でのエキスパートというのが残念ながら未だ存在しておりません。従って、医療、教育、芸術、心理学、介護等、総合的なケアーが唯一の処方箋と思われます。 最近の内閣府のデータによると、原因は不明確ですが、特に知的障がい者数は増加傾向にあります。社会保障制度として日常生活支援して頂く必要性がございますが受け入れ施設が極めて不足しています。従って、養護学校が不足し、更には高等部卒業後の日中生活支援は、社会的な問題だと思われました。 そして、この度、通所施設「うきうきマイスター」の延長線として、ご家族と離れて自立生活をサポートするグループホーム「うきうきハウス」を設ける事になりました。いずれは保護者も高齢化し、当然の如く先に死にゆくわけで御座いますので、親・家族としては残念ながら必要不可欠なものとなります。 「うきうきハウス」入所者様を受け入れるにあたりましては、お一人お一人の個性を十分に把握して、それぞれのご家庭での対応を参考にし、入所者様同士がスタッフと関わり合って、良好な関係を築く必要があると考えております。 幸い私共は、多少なりとも、うきうきマイスターで培った経験がございますし、センター長は、養護教師としての経験も豊富で御座います。また関連医療機関において医学的、心理学的な知識による対応が可能です。それらを継続し、成熟させて行かなければならないと思っております。 うきうきハウスは、入所者様にとって、我が家のようにリラックスした生活を送って頂けるよう、自然の森の中で、木のぬくもりを感じられる様な建物やエクステリアに設計段階から含めると5年近くに亘って工夫をしたつもりで御座います。私共も全力を挙げて頑張って参りたいと思いますので、どうか皆様に於かれましては、温かいご支援の程、お願い申し上げます。